栄養管理科

当院栄養管理科は管理栄養士・調理師・調理員で構成されています。入院患者さんにとって、食事の時間が楽しみなものとなるよう、栄養科スタッフ一同日々努力しております。

また、管理栄養士が医師の指示のもと、外来患者さん、入院患者さん(主に治療食を召し上がっておられる患者さん)に栄養指導を行っております。生活習慣・食習慣・嗜好・体の具合などを訪問、考慮して、各個人に合った指導を行えるよう心がけています。

入院患者さんのお食事について

入院患者さんのお食事 入院患者さんのお食事は、医師の指示に基づいてそれぞれ異なった病状の患者さんに治療の目的を持って提供されています。その内容は、一般食と特別食(治療食)とに分けられます。特別食には現在、糖尿食・心臓食・肝臓食・すい臓食・脂質異常食・腎臓食・潰瘍食があります。

また、うまく食べられない、飲み込むことができない患者さんについては、一口大、軟菜、ペーストなどの食形態の食事をご用意しております。食事以外でも飲み物でむせる患者さんにはとろみをつけてお出ししております。

適時・適温給食

平成17年4月より温冷配膳車を導入し、温かいお料理は温かく、冷たいお料理は冷たく召しあがっていただける様になりました。

医療法人医誠会 神崎中央病院
〒529-1445 滋賀県東近江市五個荘清水鼻町95
TEL.0748-48-5555
FAX.0748-48-5556
info@kanzakihp.com
info@kanzakihp.com 0748-48-5555
ISO9001認証

文字の大きさ