看護部

部署紹介

1病棟(療養病棟)

自立度の高い患者さんが多く入院されている病棟です。日常生活ケアの充実に努め、「患者さんが安心して療養できること」を第一の目標に、ご家族にも細かな心配りで接しています。在宅に向けて、また終末期をご家族と穏やかに迎えられるよう患者さんの気持ちに 寄り添った看護を目指します。

2病棟A(一般病棟)

内科・整形外科混合の病棟で、高齢で慢性疾患の患者さんが多く入院されています。疾患は多岐にわたり、看護師は多様な知識を必要とするため、それぞれがスキルアップを目指しています。患者さんに「この病院を選んでよかった」と言って頂けるように、まず看護師が明るく楽しく働けるよう日々努力しています。

2病棟B(療養病棟)

内科慢性疾患、維持透析患者さんを対象とした、医療療養型病棟の中でも医療度の高い病棟です。患者・家族さんの気持ちに添えるよう気配りと心配りを大切にするとともに、安全優先の看護・介護の提供をモットーとしています。お互いが声を掛け合い、安心して働ける雰囲気です。

3病棟(一般病棟)

維持透析中の患者さんが9割を占めている入院透析専門の病棟です。透析室が併設されていることから、患者さんは安心して治療を受けることができます。個室透析ができる環境も5床整っています。入院生活が長期に及ぶ患者さんも多いため、快適に入院生活が送れるように生活の場としての環境配慮を大切にしています。

透析室

患者さんに安全な透析を受けていただくため、透析技術・知識の研鑽に努めています。より良いケアが提供できるよう、長いお付き合いとなる患者さんやそのご家族と密にコミュニケーションをとることを大切にしています。また、事故防止のため日々のカンファレンスを欠かさず行っています。医師・臨床工学技士・看護師が協力しあって働くことのできる明るい職場です。

4病棟A(療養病棟)

維持透析の患者さんを含む慢性期の医療療養型病棟です。患者さんが、少しでも本来の日常生活に近づけるよう日中活動の場を広げると共に、ケアの充実に向け取り組んでいます。子育て中のスタッフも多く、24時間対応の院内託児所を利用しながら安心して勤務しています。

4病棟B(療養病棟)

食事介助の必要な患者さんや、経管栄養などによる栄養管理の必要な患者さんが多く入院されています。病棟スタッフ一同、誤嚥のリスクやポジショニングを考え、言語聴覚士や栄養サポートチームと相談・協力しながら安全な療養環境の提供を心がけています。

5病棟(回復期リハ)

当病棟は、リハビリに励む患者さんの日常生活での支援が看護師の大切な業務です。患者さんひとり一人の退院時目標に向け、医師・看護師・RHチーム・MSWが定期的に合同カンファレンスを持ち、それぞれの立場から患者さんの日常生活機能の回復に取り組んでいます。

外来

内科・整形外科・外科・耳鼻咽喉科・皮膚科の診療科を有し、胃・大腸内視鏡検査やポリペクトミーも行っています。
外来の中庭にある花壇で季節の花々を楽しんでもらうなど、患者さんにとって居心地の良い環境を整えています。地域の方々とのふれあいを大切にし、笑顔と丁寧な対応をモットーとした看護を心がけています。

医療法人医誠会 神崎中央病院
〒529-1445 滋賀県東近江市五個荘清水鼻町95
TEL.0748-48-5555
FAX.0748-48-5556
info@kanzakihp.com
info@kanzakihp.com 0748-48-5555
ISO9001認証

文字の大きさ